東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

院長コラム

医療に関すること、当院での治療方針等、様々な事柄について院長の会見をつづってまいります。

NHKスペシャル「卵子老化の衝撃」をご覧になりましたか

2012.6.24

6月23日NHKスペシャル「産みたくても産めない~卵子老化の衝撃~」をご覧になった方は多いと思います。
晩婚、晩産化により、初産年齢の平均が30歳台になっている現在です。不妊での相談に受診される方も徐々に高齢化しています。30年前には大半が20歳台でしたが、最近では、私どものクリニックでも、30歳台が大半となっています。
30歳後半になりますと、卵子の老化によって妊娠しにくくなります。先の番組でも、「卵子の老化」 に原因がある割合が半数近くに上ると報告していました。
もう一つは、男性の精子の状態が低下しており、男性が原因の不妊が約50%になっています。
以前は、精子の数が1mlあたり4000万以上が正常であったのが、数年前に1500万に下げられました。1000万以下では自然妊娠が難しいといわれています。今後、体外受精の手段を必要とされる症例は増加していくものと思われます。家族プランニングは、女性の年齢を考慮にいれて立てることが重要かと思います。