東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

院長コラム

医療に関すること、当院での治療方針等、様々な事柄について院長の会見をつづってまいります。

「しみ」を改善するトレチノイン、ハイドロキノンのはたらきとは

2012.8.7

トレチノインは、ビタミンAの一種で、「しみ」や「しわ」などのお肌のトラブルを改善するはたらきがあります。 紫外線などの作用により、過剰に作られたメラニンが角層にたまると、「しみ」になります。お肌の奥の真皮にある コラーゲンなどが減ってしまうことでお肌の弾力が失われると「しわ」ができやすくなります。
トレチノインは、お肌のターンオーバーを促進し、角層にたまったメラニンの排出をうながします。また、コラーゲンなどを作る細胞を元気にし、お肌の弾力を高めます。
ハイドロキノンは、イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質で、皮膚を紫外線などによる損傷からまもる作用を持っています。米国では、古くから一般的な美白剤として使用されてきました。
しみのもとになるメラニンはメラノサイトという細胞で作られています。紫外線などの刺激を受けるとメラニンは過剰に作られます。ハイドロキノンはメラニンがつくられるのを抑える作用があります。また、メラノサイトの活動を弱めるはたらきがあります。トレチノインとハイドロキノンを併用すると、しみに対しては、より効果があります。