東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

婦人科検診・妊娠健診

婦人科の病気は、不正出血、帯下(おりもの)の増加などから発見されることもありますが、症状が無く、自分では気づかない場合が多くあります。女性にとって、婦人科健診は病気の早期発見のためとても大切です。
  • 子宮がん検診

    子宮頚がんの発症が、若い人(特に20歳代)に増加傾向が見られるため、20歳になったら、子宮がん検診をおすすめします。平成17年より多くの地域で自治体検診が、20歳にひき下げられましたので、できれば市区町村が実施する検診を利用されるとよいと思います。

    東京都武蔵野市を例にあげますと、5月~10月まで検診を受けることができます。昨年度、受診していない方が対象となります。
    対象者には、受診票が郵送されます。詳しくは、市立保健センター(TEL 0422-51-0700)にお問い合わせ下さい。当院で検診を受け付けておりますのでご利用下さい。

    検診の方法としては、まず、超音波検査をして、子宮や卵巣に異常がないかを調べます。次に、内診主に膣鏡診で、子宮口の細胞をブラシなどで擦過して採取して、子宮頚がんの検査をします。必要な時は、「双合診」(片手の指を膣内に挿入し、もう片手をおなかに当てて診る)、経膣超音波検査をします。子宮体がんの検査は、子宮の中の内膜を、エンドサーチなどの採取器具を使って、採取します。多少痛みと出血を伴います。

    最近、増加傾向にありますので、40歳以上や不正出血のある方は検査をお勧めします。ヒトパピローマビールス(HPV)の感染が、子宮頚がんの発症原因と考えられています。HPVワクチンは子宮頸がん発症の予防効果があります。計3回接種が必要となります。定期的な健診とワクチン接種をおすすめします。

  • 乳がん検診

    近年、女性の乳がん発症者は増加しており、胃がんを抜いて第1位となっています。原因としては少子化、肥満など生活様式の変化が関係していると考えられています。人間ドック、主婦検診、自治体で実施している検診などで、定期的にお受けになられることをお勧めします。

    乳がん検診は、視診、触診、マンモグラフィー(MMG:精度の高い乳房X線検査)、超音波検査などを行います。 自治体検診は、多くの地区で、平成17年より、マンモグラフィー(MMG)検査が導入されています。武蔵野市の乳がん検診は、40歳以上で昨年度受診していない方が対象です。視診、触診とMMGを受けることができます。申し込みが必要です。
    当院では、視診、触診に、超音波検査を併用しています。 乳がんは、自己検診で発見可能な唯一のがんです。月経終了時より1週間くらいの時期、閉経後の方は、月初めなど、定期的に、自己検診する習慣をつけましょう。入浴時などに診るとよいと思います。

  • 妊婦健診

    分娩は取り扱っておりませんが、妊娠32週前後までの健診を承っています。
    妊娠5ヶ月までに、分娩される病院に予約していただいております。
    武蔵野赤十字病院で分娩を予定されている方は、予約しないでも、当院の紹介状があれば受け付けていただけますので、妊娠32週ごろに、ご紹介しています。仕事をされていて、お忙しい方は、是非ご利用ください。
    毎回超音波検査で胎児計測を行っています。
    妊娠中に入院治療を要する場合は、近隣の病院をご紹介します。
    分娩後の困ったこと(乳房管理など)にも相談に応じています。