東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

東京都武蔵野市 産婦人科 中絶手術 不妊治療 おおやクリニック

避妊相談・低用量ピル

  • 低用量ピル(OC:Oral Contraceptives)

    卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含む経口避妊薬で、排卵及び着床を抑制し、きちんと服用すれば、ほぼ100%の避妊効果があり、欧米での避妊は、ピルが主流です。我が国では、現在OCを使用している女性は、約2%(推計54万人)に過ぎません。
    卵胞ホルモンが1錠中に50ug以下の製剤を、低用量ピルといい、現在では、OCというと、これを指します。OCは避妊目的だけでなく、QOL(Quolity Of Life:生活の質)を改善します。

    【低用量ピルのメリット】
    1.月経周期が規則正しくなる
    2.月経痛の軽減
    3.月経量の減少
    4.貧血の改善
    5.ニキビ、多毛症の改善
    6.子宮体癌、卵巣癌、、乳房良性疾患の減少
    7.月経前緊張症(PMS)の改善
    8.子宮内膜症の治療

    低用量ピル=副作用というイメージをもっていませんか?
    低用量ピルはホルモン量が少ないので、副作用も少なく、太ったりすることも、ほとんどありません。
    飲み始め直後の副作用(吐き気、頭痛、不正出血、乳房がはる、など)は、だいたい3ヶ月以内におさまります。
    当院では、トリキュラー、マーベロンと、ジェネリック薬品のラベルフィーユ、ファボワールを扱っています。

  • 緊急避妊ピル(モーニング・アフター・ピル)

    コンドームの破損、脱落などによる避妊の失敗、避妊の手段をとらなかったときに、妊娠を避ける目的で服用します。性交後、72時間以内に、中用量ピルを2錠服用し、12時間後に、さらに2錠、計2回服用します。主に着床を阻害することで、妊娠の成立を阻止します。避妊効果は、95~98%といわれています。

  • IUD(子宮内避妊器具)

    受精卵の着床を阻害することで避妊効果があります。子宮内にポリエチレンでできた小さな器具を装着します。当院では主に、FD-1を使用しています。最長5年装着可能です。避妊率は95%。最近は銅がついたもの、黄体ホルモンが付加したものがあり、さらに避妊効果が高くなっています。基本的には、お産経験のある人に向いています。

  • コンドーム

    最もポピュラーな避妊法ですが、間違った使い方をしたために、失敗するケースが多いのも事実です。必ず、セックスの最初から使用すること、使用後、精液が、漏れないように注意することが大事です。